独自ドメインを徹底比較!

【保存版】ドメイン業者のわかりやすい比較


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。※1

じつはドメイン専業の業者は「お名前.com」をはじめ10社もありません。 レンタルサーバーと比べて独自ドメインはその料金やサービスの違いが小さいのが特徴です。

このページではドメイン業者について料金や各サービスの特徴を、比較してまとめていますので参考にしてみてください。

1.料金かんたんまとめ

大手ドメイン会社の料金を一覧にまとめてみました。キャンペーン価格も適用していますので正確な料金は公式サイトでの確認をお願いします。 (※2017年9月時点の価格です)

会社名 .com .jp .co.jp
お名前.com 1年目:1040円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:2460円
更新:5200円
ムームードメイン 1年目:1160円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:2180円
更新:3780円
スタードメイン(※さらに20%ポイント還元) 1年目:1180円
更新:1180円
1年目:2360円
更新:2360円
1年目:2480円
更新:3680円
バリュードメイン 1年目:1280円
更新:1280円
1年目:2840円
更新:2840円
1年目:3780円
更新:3780円
エックスドメイン 1年目:1180円
更新:1180円
1年目:2820円
更新:2820円
1年目:2580円
更新:3760円
FC2ドメイン 1年目:1080円
更新:1080円
1年目:2780円
更新:2780円
1年目:3920円
更新:3920円
名づけてネット(※クレジットカード払い) 1年目:3600円
更新:36000円
1年目:7200円
更新:7200円
1年目:11200円
更新:11200円


大手ドメイン業者6社を比較して項目別にまとめました。

その1.料金の比較

くりかえし大手のドメイン業者の比較になりますが、料金は1年間で大体1000円前後というのが相場になっています(「.com」の場合)

最大手のGMO系列(お名前.com、ムームードメイン、バリュードメイン)のドメイン会社が一律1280円(2年目以降の更新料金)です。それを追うスタードメインやエックスドメインなどがGMO系列の会社よりも100円安い1180円に設定されています。 ここでもっとも安いのがメジャーではありませんがFC2ドメインです。年1080円となっていてGMO系列と比べると年間200円ちがいます。

年間の料金のためそこまでの違いはなし。

この1000円前後のドメイン料金ですが、これは1年間分の契約料金となります。 年間100円や200円ほどの料金の違いをどう受け取るのかは人それぞれですが、月額ではなく年間でのコストの違いになりますので、そこまで大差がないというのが実情です。

そのためドメインを取得する場合、そこまで料金を気にする必要はないと思います。 逆にレンタルサーバーの場合は月単位で料金が発生しますし、年間1万~2万はかわってきますので、こちらはより比較して自分にあったサーバーを選んだほうがいいです。 (※【保存版】レンタルサーバーのわかりやすい比較・・・各会社のサービスや料金などの違いが一目でわかります。)

またドメインには種類があり、法人専用の「.co.jp」などのドメインについては「.com」と比べて料金が高くなります。だいたい年間3000円~4000円におさまる会社が多いです。 こちらも年間の料金の違いとして考えると1000円ほどなので、そこまでの違いは見られません。 (※より詳しいドメイン料金の比較

会社名 .com(カッコ内は2年目以降の料金)
お名前.com
(※解説ページに飛びます)
1280円(1280円)
ムームードメイン 1280円(1280円)
バリュードメイン 1280円(1280円)
スタードメイン 1180円(1180円)
エックスドメイン 1180円(1180円)
FC2ドメイン 1080円(1080円)

その2.扱いドメイン数

おそらく大半の方が取得するドメインの種類は「.com」「.jp」「.co.jp」などになると思いますが、これ以外にもドメインの種類はたくさんあります。 「.tokyo」や「.yokohama」などの地域ドメインや、「.shop」といったようなドメインもあります。 全部あわせるとドメインの種類は軽く100種類以上にもなります。

そこで各業者が扱ってるドメインの種類がどれくらいなのか、ざっくりとまとめてみました。

扱いドメイン数ではGMO系列が圧倒的。

扱っているドメイン数を調べてみたところ圧倒的にGMO系列のドメイン業者に利がありました。 その中でもお名前.comが1番網羅しています。 「.tokyo」や「.yokohama」などの地域ドメインや、日本語ドメインの取得を考えているのであればGMO系列のドメイン業者、なかでも お名前.comを選ぶのがいいでしょう。

会社名 扱いドメイン数
お名前.com 約350種類
ムームードメイン 約300種類
バリュードメイン 約350種類
スタードメイン 49種類
エックスドメイン 19種類
FC2ドメイン 32種類

基本的には「.com」、「.jp」、「.co.jp」といったような有名なドメインで取得を試みたほうがベターだと思っていますが、 どうしても単一のキーワードなどでドメインを取りたいという場合。例えば「sport.※※」といったようなキーワードで取りたい場合は、 ここであげた他の種類のドメインで契約するのもいいかもしれません。

その3.支払い方法

ドメイン料金の支払いには「現金」「クレジットカード払い」「コンビニ払い」「ポイント払い」など幾つかの種類があります。

どの業者でどの支払いが出来るのかを調べてみました。

どの業者も複数支払いに対応。

どのドメイン業者もクレジットカードや銀行振込など複数の支払いに対応しています。 とくに大きな違いはありませんでした。 そのため支払い方法に関してはどのドメイン業者で契約しても、みなさんの希望にあった支払い方法が選択できると思います。

会社名 各種お支払い
お名前.com クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済
ムームードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・おさいぽ(ポイント)
バリュードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ウェブマネー
スタードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・PayPal
(※ネットオウルプリペイドと呼ばれるポイントを購入し、そのポイントから支払いを行います。)
エックスドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・チャージ残高
FC2ドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ペイジー

ドメインの支払いで注意なのが「支払い忘れ」になります。ドメインは年間契約になりますので1年たって、支払いを忘れてしまう人がけっこういます。 そのため私の場合はクレジットカード払いにして、さらに「自動更新契約」にしています。 少しぐらい支払いが遅れても大丈夫ですが、ドメインが失効してしますとホームページがみれなくなりますので気をつけてください。

その4.自動更新の比較

上で説明したようにドメインの契約は1年間ごととなります。 そのため毎年料金を支払う必要があります。 これを忘れてしまう人も多く、支払いの「自動更新」をしておくと非常に便利です。

また最初から一括して3年、5年といったような複数年での登録もできますので長く使う予定であるならば、 複数年で購入しておくのもいいと思います。

会社名 自動更新に対応
お名前.com
ムームードメイン
バリュードメイン
スタードメイン △自動更新に対応(ただしポイントの残高が必要)
エックスドメイン
FC2ドメイン

その5.whois情報の公開代行について

whois情報とは?「このドメインはどこどこの誰が登録していますよ」という情報のことになります。 登録メールアドレス、住所、担当者の名前まで公開されてしまうんですね。(→whois情報について

このwhois情報、ふつうなら公開したくないですよね。わざわざ個人情報を出したい人はあまりいないと思います。 そんな時に安心して利用できる制度が「whois情報公開代理」システムです。

これを設定すると、ドメイン業者のメールアドレスや住所や氏名で公開代行されるため、みなさんの個人情報が出ることはありません。

お名前.comはドメイン取得時には注意を。

このwhois情報公開代理で注意してほしいのが「お名前.com」です。 ドメイン取得時にしっかり設定をしておかないと、後々に変更したときには何故か有料になってしまいます。

その他のドメイン業者では、ドメイン取得後もwhois情報の公開代理は問題なく変更できます。

会社名 whois情報公開代理
お名前.com △対応(注意点あり)
ムームードメイン ○対応
バリュードメイン ○対応
スタードメイン ○対応
エックスドメイン ○対応
FC2ドメイン ○対応

その6.系列サーバー会社の紹介

ドメイン業者によっては系列のレンタルサーバー会社があります。

このような系列のサーバー会社を利用することで何が変わるのかと言うと、もっとも恩恵にさずかれるのは独自ドメインの設定で必要になる「ネームサーバーの設定」が非常に簡単になるということです。 ネームサーバーの設定については初心者でも(たぶん)そこまで難しいものではないのですが、系列サーバーなどであればボタン1つの操作で設定できるので安心です。 (→ネームサーバーの設定について)。

会社名 系列レンタルサーバー
お名前.com お名前サーバー
ムームードメイン ロリポップグーペ
バリュードメイン
スタードメイン ミニバード
エックスドメイン エックスサーバー
FC2ドメイン FC2サービス



大手6社をそれぞれ紹介してみます。

契約数ではGMOが非常につよいです。

個人的な判断で大手6社として紹介していますが、ドメイン業者にかぎっては非常に「お名前.com」や「ムームードメイン」の契約数が多くて 日本のドメインの大半がGMO系列の会社でドメイン契約しているのではないかと思います。

レンタルサーバーの場合はドメインほどGMO1強ではなく、エックスサーバーなどその他各社のサーバーも人気になっています。

お名前.com

ドメイン専業会社としては1番契約数が多いのが「お名前.com」です。シェアNo1で最大手となります。 取り扱っているドメインの種類も多く、まとめて取得すると割引もしてくれます。 ドメインオークションなどもありサービスが多様なのが魅力です。

シェアNo1!「お名前.com」を詳しく

スタードメイン

正規のドメイン料金が「お名前.com」より常に安くなっています。さらに加えてドメイン料金の20%がポイントとしてもらえます。 ここを運営しているネットオウルはエックスサーバー傘下です。安心して利用できるドメイン会社だと思います。

管理画面がとっても使いやすい「スタードメイン」を詳しく

ムームードメイン

「お名前.com」と同じくGMO系列のドメイン会社です。 格安レンタルサーバーのロリポップと提携しているため、「ロリポップ」+「ムームードメイン」のセットで契約をすると ネームサーバーの設定が簡単にできます。

ロリポップの系列「ムームードメイン」を詳しく

名づけてねっと

NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン会社です。 NTTPCはレンタルサーバー「WebAERNA SuiteX」も運営しておりましてサーバーと同時に申込みをするとドメイン1年間無料・サーバー3ヵ月無料になります。

NTTPCコミュニケーションズ運営の「名づけてねっと」を詳しく

バリュードメイン

10年ぐらい前にはその安さで一部の利用者で熱狂的に知名度が高かったのがバリュードメインです。 最近になって他社も安くなってきたため影が薄れていますが、当時は大変お世話になった会社です。 現在はGMOグループの一員になっています。

元祖ドメイン会社「バリュードメイン」を詳しく

エックスドメイン

高機能なレンタルサーバー「エックスサーバー」のドメイン版がエックスドメインです。 こちらもGMO系ドメイン会社より正規料金が常に安くなっています。傘下のスタードメインとは系列となります。

無料レンタルサーバーの機能が増える「エックスドメイン」を詳しく

FC2ドメイン

無料ブログサービスなどで有名なFC2が展開するドメイン会社です。 「.com」料金が年間910円と他社よりも数百円やすく利用することができます。

.comが1番安い!「FC2ドメイン」を詳しく

ドメイン会社のまとめ・感想

あまり会社間の違いを感じないドメイン会社

一時期、ドメインを300個以上持っていた関係で、ここで紹介しているたくさんのドメイン業者に登録していました。 各ドメイン会社の違いですが、料金の差も小さく、管理画面こそ違いがありますが、 ドメインを取得したあとにログインする機会は料金を更新するときか、サーバーを移転するとき ぐらいなので、「どこを選んでも正直大差ないのでは」と考えたことがあります。

ただ、基本的にはそこまで違いはないのですがもちろん0ではありません。 そのため細かなサービスの違いについては各ドメイン会社のページで説明をしています。

シェアNo1の「お名前.com」

2016年に確認できる資料をもとに計算すると、「お名前.com」「ムームードメイン」「バリュードメイン」のGMOグループでの登録ドメインは538万件となっています。 日本におけるシェアはなんと90%以上です。

決算書ではムームードメインは登録ドメインが100万件とわかります。 残りの分をお名前.com(累計1200万)とバリュードメイン(累計380万)の数字から按分すると、 予想登録数としてお名前.comの登録ドメイン数は330万件、バリュードメインは108万件という計算ができます。

圧倒的なシェアを誇っているのが「お名前.com」です。実際に私も70ドメイン以上をお名前.comだけで登録していたことがあります。

シェアNo1!「お名前.com」を詳しく

個人的な管理画面の好みはスタードメインとムームードメイン

初めての方がより簡単にということであれば、 個人的におすすめなのは「ムームードメイン」と「スタードメイン」の管理画面です。 どちらも管理画面がシンプルに出来ていて操作しやすいことが理由です。

あとドメインを取得して利用する時にはネームサーバー設定という設定を行わないといけません。 DNS設定自体はそこまで難しくありません、慣れれば1分で出来ます。 ただ、この設定がめんどくさい場合は、各ドメイン会社の系列サーバーを使うとクリックだけで設定してくれるので簡単だと思います。

スタードメインムームードメイン

ドメインの管理で1番注意して欲しいのは「更新切れ」

私の場合、仕事の関係上レンタルサーバーを10社近く契約していますのでサーバーの移転をよくするのですが、 そうでない人は移転などあまりしないと思いますので、ドメインの管理画面にログインするのは年に1回か2回なんて人も多くなると思います。

そうなると起こりやすいのが契約更新時の料金忘れです。

料金を支払い忘れるとドメインが失効してしまいます。

過去の経験で、ドメインの管理で1番大切だなと感じたのは、毎年の料金更新です。なぜなら料金を未払いにしてしまうと ドメインが失効してしまうからです。突然ある日ホームページが表示されなくなります。

そのためクレジットカードの自動入金設定の登録や、クレジットカードの残高不足には注意してください。 期限前にはメールで何回も通知が来ますので、メールをチェックしていれば安心です。

ドメインの契約期間は必ず1年ごとということではなくて2年~3年といった複数年契約も可能です(最大9年)。

繰り返しますが、料金の支払いを忘れてしまうとドメイン紛失となりますので、その点だけをしっかり注意して管理してください。

よりサービスの比較が重要なのはレンタルサーバーです。

ドメインを取得したら次はレンタルサーバーを決めなくてはいけません。こちらは違いが大きいですから、しっかりサービスを比較して どのレンタルサーバーが合っているのか時間をかけて選んでください。

レンタルサーバーの比較記事についてはこちらを参考にしてみてください。