ドメイン名が決められない時に考えるべき5つの方法

いざかっこいい&かわいらしいドメイン名を決めようと思って、ひねりに捻って考えたドメイン。

ドメイン名検索で検索してみたら・・・登録済みだった(>_<;
なんてこと良くありますよね。

管理人も何回も同じ経験をしたことがあります。では、自分が取得しようと思ったドメイン名が既に使われていたときにどうすればいいでしょうか? 実際に管理人がやっている方法を説明してみたいと思います。 (※訪問者の方からドメインの選び方についてメールが来ました(^^

5つの方法

   1.「-」をつけてみる。
   2.キーワードを増やしてみる
   3.数字をつけてみる
   4.日本語ドメインも考えてみる
   5.トップレベルドメインを変えてみる

1.「-」をつけてみる

これが1番ベターな方法でしょうか。キーワードの間に「-」を入れてみる方法です。 例えば「youtube.com」だったら「you-tube.com」にしてみる感じですね(^^。これで見た目もよくドメインが登録できます。

しかし、この方法には1つ問題があって短いキーワードには使えないことです。例えば「domain.com」の場合、キーワードが短いので都合よく「-」を入れるところがありません。 その場合はキーワードを増やす方法に移ります。

2.キーワードを増やしてみる

関連したキーワードを追加する方法です。これも管理人は良く使っています。このサイトもまさにこの方法でドメインを取得していますね。

「domainじゃ無理だ・・・じゃあ他にキーワードを探してみよう・・・」
「ドメインを勉強してもらうサイトだから「study」とかどうだろう?」
「さらにカンタンなイメージをつけたいから「easy」もつけてみよう」

それで登録したドメインが当サイトの「domain-easy-study.com」です(*′∀`)ちょっと長いですけどね。

こんな感じでキーワードを増やして2つを「-」で結べば、たくさんのドメイン候補が作れると思います。

3.数字をつけてみる

これもたまーに使うテクニックです。キーワードを増やしたくない場合などは末尾に「1」とかつけて見たりします。 「domain1.com」なんて感じにですね。これも非常にカンタンにドメイン名をつくることができます。しかも取得されていないケースが多いです。

「1」という数字には特に意味がありませんので、「キーワード」を足すか「数字」を足すか、どっちを選ぶかで迷ってしまうところですが、 みなさんの気分で決めてみてください。

4.日本語ドメインも検討してみる

日本語ドメインも登場から5年以上がたち、前よりも利用してるホームページが増えた印象があります。

以前は、日本語ドメインに対応していないためプニュコード表記になってしまうサービスも多かったのですが、年々、日本語ドメインへの対応は進んでいると思います。

ローマ字でのドメイン取得をあきらめ、日本語ドメインで検討してみるのもありだと個人的には思います。

5.「トップレベルドメイン」を変えてみる

「.com」や「.jp」では取得できないのであれば「.tokyo」や「.company」などトップレベルドメインを変えて取得する方法もあります。 ここ数年でトップレベルドメインの数は大きく増えています。「.tokyo」や「.yokohama」のように地域ドメインも登場しています。 お名前.comであれば100種類以上のドメインの種類があるんですね。

このようにトップレベルドメインの数は多いため、例え人気の単一キーワードであっても取得できる可能性が出てきます。

1番~3番は私がドメイン名を探すときにいつも使っている方法です。 短いキーワードのドメインは99%取得されているはずですので、頑張ってかっこいいドメイン名を考えてみてくださいね♪