FFFTPの設定方法

FTPってなに?

独自ドメインやレンタルサーバーの取得をすると必然的にサイトデータをサーバーまで移動させるため FTPの設定をしないといけません。

ちょっと難しそうですよね。

ざっくり説明すると、サイト公開をするためには自宅のパソコンから→レンタルサーバーまでホームページデータを移動させなきゃいけません。 ただ、その移動のためにはFTPソフトが必要なんです。

だからFTPの設定をしてデータを移動させてあげるわけです。

これはホームページビルダーのように作成ソフトでも同じです。 必ずFTPの設定をしてデータを移動させています。

「じゃあ、どうやって設定すればいいのか?」という話になります。

FFFTPの設定をしよう!

まずFTPソフトはこれは自分でインストールする必要があります。
(※FFFTPソフトはこちらから

いざダウンロード後に設定をするわけですが設定のためのIDなどは、 サーバー業者から契約時に送られてくる書類かメールを確認してください。

※FTPソフトの「ホスト名」「ユーザ名」「パスワード」に入力をしなくてはいけません。

※FFFTPを開き【接続】→【接続】→【新規ホスト】の順序で 操作しますと図の画面にたどり着けます。ちなみに下の画面です(ロリポップの設定をしています)。

●ホストの設定名
●ホスト名(アドレス)
●ユーザー名
●パスワード
●ローカルの初期フォルダ

を設定します。

ホストの設定名

これは自分で決めて入力して大丈夫です。サイトの名前など管理しやすいものを書いてください。

ホスト名(アドレス)

契約時のメール・またはレンタルサーバーの管理画面をみて「FTPサーバー」などと書かれていれば、それです。

ユーザ名

よく「アカウント」なんて書き方になっています。これはユーザー名のところにコピペしましょう。

パスワード

これは比較的わかりやすいと思います。パスワードと書かれているものがあれば、それを入力します。

ローカルの初期フォルダ

ユーザー名・パスワードは契約サーバーから送られてくる資料を参考に。 ローカルの初期フォルダというのはすぐ右にある「...」をクリックして入力します。

例えばデスクトップ画面があります。そこに「ドメイン」というフォルダがあり, そのフォルダの中にサイト作成データがあれば

【C:\Documents and Settings\デスクトップ\ドメイン】

なーんて感じに設定するわけですね。もう少し噛み砕いて説明すれば 「サイトデータを置いている場所を入力する」 これがローカルの初期フォルダの意味になります。

設定のコツ

1番いいのは契約しているレンタルサーバー会社に電話することです。これが一番てっとり早いです。 (※電話サポートがあるところに限ります)。

あと、この設定は何回失敗しても別に問題にはなりませんので(つながらないだけ)、わからなかったら とにかく入力して「接続」してみるに限ります。

個人的にはよく「ホスト名」と「ユーザー名」を逆に入力してしまったりしました。 レンタルサーバーから送られてくる資料を見てもいまいち、どれがどれなんだかわからないんですよね。最初は。

できれば、電話サポートに電話してしまってください。

[←前の記事へ] [次の記事へ→]