ドメイン業者の比較

大手ドメイン業者6社を比較して項目別にまとめました。


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。※1

その1.料金の比較

大手のドメイン業者の料金は1年間で大体1000円前後というのが相場になっています(「.com」の場合)

最大手のGMO系のドメイン会社が一律1280円です。それを追うスタードメインやエックスドメインなどが100円安い1180円に設定されています。 ここで安いのがFC2ドメインです。年910円となるのでGMO系と比べると370円安くなります。

年間の料金のためそこまでの違いはなし。

この1000円前後のドメイン料金ですが、これは1年間分の契約料金となります。 年間100円や300円ほどの料金の違いをどう受け取るのかは人それぞれですが、あまり大差がないというのが実情です。

「.co.jp」などについてはもう少し料金が高くなります。3500円~4000円におさまる会社が多いです。 こちらも年間の料金の違いとして考えるとそこまでの違いは見られません。 (※より詳しいドメイン料金の比較

会社名 .com(カッコ内は2年目以降の料金)
お名前.com
(※解説ページに飛びます)
1280円(1280円)
ムームードメイン 1280円(1280円)
スタードメイン 1180円(1180円)
バリュードメイン 1250円(1250円)
エックスドメイン 1180円(1180円)
FC2ドメイン 910円(910円)

ドメインを取得した後にはレンタルサーバーも必要になります。 そこでレンタルサーバーの料金や性能などの違いもまとめています。 サーバーの料金はドメインよりも差が大きく年間で見たときに1万~2万の違いが出ることもあります。 もし選び方に迷っているのであれば次のページを参考にして下さい。

その2.扱いドメイン数

おそらく大半の方が取得するドメインの種類は「.com」「.jp」「.co.jp」などになると思いますが、これ以外にもドメインの種類はたくさんあります。 全部で軽く100種類以上にもなります。

そこで各業者が扱ってるドメインの種類がどれくらいなのか、ざっくりとまとめてみました。

扱いドメイン数ではGMO系列が圧倒的。

扱っているドメイン数を調べてみたところ圧倒的にGMO系列のドメイン業者に利がありました。 その中でもお名前.comが1番網羅しています。

「.tokyo」や「.yokohama」などの地域ドメインや、日本語ドメインの取得を考えているのであればGMO系列のドメイン業者、なかでも お名前.comを選ぶのがいいでしょう。

会社名 扱いドメイン数
お名前.com 約350種類
ムームードメイン 約300種類
バリュードメイン 約350種類
スタードメイン 49種類
エックスドメイン 19種類
FC2ドメイン 32種類

その3.支払い方法

ドメイン料金の支払いには「現金」「クレジットカード払い」「コンビニ払い」「ポイント払い」など幾つかの種類があります。

どの業者でどの支払いが出来るのかを調べてみました。

どの業者も複数支払いに対応。

どのドメイン業者もクレジットカードや銀行振込など複数の支払いに対応しています。

スタードメインのみ一旦ポイントを購入し、そのポイントから料金を支払う形になります。 直接払いは出来ませんので注意してください。

会社名 各種お支払い
お名前.com クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済
ムームードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・おさいぽ(ポイント)
バリュードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ウェブマネー
スタードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・PayPal
(※ネットオウルプリペイドと呼ばれるポイントを購入し、そのポイントから支払いを行います。)
エックスドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・チャージ残高
FC2ドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・ペイジー

その4.自動更新の比較

ドメインの契約は1年間ごととなります。そのため毎年料金を支払う必要があります。 忘れてしまう人も多く、そのため支払いの自動更新をしておくと非常に便利です。

最初から一括して3年、5年といったような複数年での登録もできます。

スタードメインはポイントの残高が必要です。

便利な自動更新ですがスタードメインの場合はポイントの残高が必要となります。 シンプルにクレジットカード払いには出来ません。

ポイントをある程度ためて購入しておく準備が必要になるため注意してください。

会社名 扱いドメイン数
お名前.com ○自動更新に対応
ムームードメイン ○自動更新に対応
バリュードメイン ○自動更新に対応
スタードメイン △自動更新に対応(ただしポイントの残高が必要)
エックスドメイン ○自動更新に対応
FC2ドメイン ○自動更新に対応

その5.whois情報の公開代行について

whois情報とは?「このドメインはどこどこの誰が登録していますよ」という情報のことになります。 登録メールアドレス、住所、担当者の名前まで公開されてしまうんですね。(→whois情報について

このwhois情報、ふつうなら公開したくないですよね。わざわざ個人情報を出したい人はあまりいないと思います。 そんな時に安心して利用できる制度が「whois情報公開代理」システムです。

これを設定すると、ドメイン業者のメールアドレスや住所や氏名で公開代行されるため、みなさんの個人情報が出ることはありません。

お名前.comはドメイン取得時には注意を。

このwhois情報公開代理で注意してほしいのが「お名前.com」です。 ドメイン取得時にしっかり設定をしておかないと、後々に変更したときには何故か有料になってしまいます。

その他のドメイン業者では、ドメイン取得後もwhois情報の公開代理は問題なく変更できます。

会社名 whois情報公開代理
お名前.com △対応(注意点あり)
ムームードメイン ○対応
バリュードメイン ○対応
スタードメイン ○対応
エックスドメイン ○対応
FC2ドメイン ○対応

その6.系列サーバー会社の紹介

ドメイン業者によっては系列のレンタルサーバー会社があります。

これら系列のサーバー会社を利用することで何が変わるのかと言うと、ネームサーバーの設定が非常に簡単になります。 (→ネームサーバーの設定について)。

会社名 系列レンタルサーバー
お名前.com お名前サーバー
ムームードメイン ロリポップグーペ
バリュードメイン
スタードメイン ミニバード
エックスドメイン エックスサーバー
FC2ドメイン FC2サービス

②実はドメイン業者の選定より圧倒的に大切!な「レンタルサーバー」の選び方。

これまでにドメイン業者について詳しく比較してきましたが、ドメイン業者には正直そこまで差がないというのが利用してみての感想です。 むしろ時間をかけて選んだ方がいいのはレンタルサーバーです。

なぜならレンタルサーバーによって料金は大きく違いますし、性能やサポートも変わってくるからです。 ドメインの管理と違い、レンタルサーバーはデータのアップロードなどで頻繁にログインすることになります。

レンタルサーバーの比較記事についてはこちらを参考にしてみてください。

※1:2015年10月~2016年2月までの当サイトにおけるレンタルサーバー集計から。

おすすめのレンタルサーバー

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★★
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 料金はクレジットカード払いで初期料金0円&月額料金1361円と1000円台で利用が可能。 容量は大容量の300GB。マルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 さらに稼働率は100%おすみつき。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★☆
エックスサーバーはクチコミの評判が良いレンタルサーバーです。 特徴は高いコスパにとっつきやすい管理画面の使いやすさ。 マルチドメインにも対応しているので複数のサイト運営でも問題ありません。 また32Gbpsの高速バックボーンという快適な環境を実現しています。 1年間の長期割引で月額1500円→1000円まで下がります! ワードプレスを始めるなら最適なレンタルサーバーだと思います。 2016年12月23日まではプレゼントキャンペーンでドメイン代無料!
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★☆
KDDIが運営する法人向けで人気のCPIレンタルサーバー。 月額3800円と当サイトの紹介サーバーの中では1番高いですが、その分スペックは申し分ありません。安心の稼働率100%保障。 データベースやマルチドメインの利用はなんと無制限!さらに10世代前までの自動バックアップ。 それでもいて初心者でも安心して使ってもらえるよう各種お任せサポートや、専任スタッフによる電話サポートもばっちりで24時間365日対応してくれます。 20日間のあいだであれば無料でお試しができます。 既存サーバーからの乗換えの場合、CPIがすべて行ってくれるサービスあり。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
「ナウでヤングなレンタルサーバー」をフレーズに低価格のレンタルサーバーとして有名なロリポップ。 初期費用やドメインの料金とあわせると初年度は月額300円~400円ほどで利用が可能になります。 人気が故にトラブルも時にはありますが、悪かろう安かろうでも問題なければおすすめしたいサーバー。 格安サーバーでありながらマルチドメインなどにも対応しています。
大塚商会 アルファメールダイレクト
大塚商会
大塚商会 アルファメールダイレクトの詳細★★★★
アルファメールの1番の魅力は「.jp」や「.co.jp」などドメイン料金がなんと永久無料なことです! 料金は月額1400円、長期割引で最大15%安くなります。 サーバー稼働率は99.9%、初心者の方むけに無料の電話サポートやオプションの作成サービスもばっちり。 お試ししてみたい人のために14日間の無料期間もあり。東証一部に上場している大塚商会で安心のレンタルサーバーです。 12月28日までプレミア限定でホームページ無料作成(2ページ分)キャンペーン中。
NTT bizメール
NTT bizメール
NTT bizメールの詳細★★★☆
NTTコミュニケーションズが運営するbizメール。なんといってもNTTの安心感が違います! 月額1543円で容量は150GBとなっていて使い切ることが出来ないほどの容量。 初心者の方にむけてweb製作更新サービスや電話サポートもあり、作成が苦手な方でも問題ありません♪ 最短でお申し込み当日から利用することができます!
シックスコア
cpi
シックスコアの詳細★★★★
エックスサーバーの上位版となるのがシックスコア。 月額料金は1800円とエックスサーバーより高くマルチドメインなどの数も最大40個となっていますが、 その分国内高速の232Gbpsを実現していてサーバーにおける共有人数が少なくハイスペックな使い心地になっています。 いくつかのサイトをしっかり運営したい向けのレンタルサーバーと言えます。 また、99.99%以上の安定した稼動で、質問などは電話でサポートしてくれます。 専用SSL証明書、WAF機能、セコム定期診断などセキュリティも万全です。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
WADAXの魅力は土日や年末年始も含んだ365日OKの無料電話サポートHHD(ハードディスク)ではなく高速SSDのサーバーを採用している点です!SSD採用のレンタルサーバーはまだほとんど見かけません。 利用者の解約率はたったの1%で満足度が高いことを証明してます。 月額料金は1188円からとなっていて、マルチドメインなどはプランTypeSの月額1944円(最大10個)から利用できます。 個人用からビジネス用までバランスの取れているおすすめの会社といえるでしょう。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。 セキュリティサービス「サイトロック」が1年間無料キャンペーン。12月22日まで。
ミニバード
minibird
ミニバード★★★★☆
格安レンタルサーバーとして最近人気になっているのがミニバードです。プランはシンプルに1つで月額料金は250円となっています。 最大容量は50GB、複数サイト運営したい方にむけてマルチドメイン50個&データベースは5個まで利用可能! 12月23日18時までサーバー初期費用1500円が無料になるキャンペーン中。