レンタルサーバーの移転

レンタルサーバーの移転を行ったときの方法や手順を共有します。

かれこれ私は200個~300個ちかいホームページを運営しているので、今までにレンタルサーバーの乗換え・移転は もう何十回と作業しています。 そこでサーバーを移転するときに必要な手順とポイントをとても簡単に説明してみたいと思います。

※ワードプレスの場合の移転は作業が異なることを伝えておきます。

わずか30分で出来るサーバー移転!

ドメイン移転と違ってサーバー移転はやってみるとけっこう簡単にできます。

①他社のレンタルサーバーを契約します(10分~20分)
②ドメインのネームサーバーを新しいサーバーの数値に設定しなおす(5分)
③FTPの設定を他社のものに変える(5分)
④アップロードを行う(1分)

ざっくり説明すると以上4点の手順が必要になります。プログラムを使ったりデータベースやワードプレスなどのCMSを利用していなければ、 30分ぐらいでサーバーの移転を完了することだって可能です。

もう少し詳しく説明してみたいと思います。

その1.新しいレンタルサーバーの契約

1.レンタルサーバーを決めて申込む。

サーバーを移転する場合、新しい移転先のレンタルサーバーが必要になります。いまのレンタルサーバーに何か不満を持っていると思いますので、料金や容量やその他のサービスなど比較して自分にあったサーバーを見つけるといいでしょう。

レンタルサーバーを比較して選ぶのには時間がかかるかもしれませんが、 使うサーバーが決まってしまえば申込み自体は名前やクレジットカードの登録をするだけなので10分で申込みも可能です。

2.公式サイトにログインしてFTPやネームサーバー情報などを確認する。

新しいレンタルサーバーと契約したら次の作業です。 今まで使っていた「ネームサーバー」の設定変更や「FTPソフト」の設定変更が必要となります。

これらの設定については契約したレンタルサーバーの公式サイトからログインして確認するのが一般的です。 ※契約時に送られてくるメールに記載されている会社もあります。

その2.ドメインのネームサーバーを新しいサーバーの数値に設定する。

ここから設定の変更作業に入ります。 移転作業で躓くとすると、この設定作業になるのではないかと思います。

既にホームページを運営している場合、どちかのドメイン業者などでドメインを取得していると思います。

そしてドメインを使用する場合はドメイン業者のサイトにログインして、「ネームサーバー設定(またはDNS設定)」というものを設定する必要があります。 平たく言うと、利用しているレンタルサーバーの住所(IP)をドメイン側で設定してあげることになります。

だから今まで使っていたレンタルサーバーの住所(IP)から新しく契約したレンタルサーバーの住所に ネームサーバーの設定を変更する必要がでてくるんですね。

①ドメイン業者のサイトにログイン。ネームサーバーの設定を変更する画面まで行く。
②新しいレンタルサーバーのIPに変更してあげる。

という作業が必要になってきます。

そうなると次に疑問として出てくるのが「新しいレンタルサーバーの住所(IP)」はどこで確認できるのだろう?ということになります。 確認する方法として(1)レンタルサーバーのサイトにログインして確認をする、(2)契約時の設定メールを確認する、(3)「ロリポップ ネームサーバー」「エックスサーバー ネームサーバー」などで検索して調べる。 大体3つの調べ方があります。

私はいつも「ロリポップ ネームサーバー」とGoogleで検索して出てきたIPを入力していることが多いです。 サーバーにログインしても、どこにネームサーバー情報を置いてのか中々見つからないサーバーもありますし、 こういうのは管理が駄目なのでいけないのですが、そもそもログインのパスワードを忘れてしまったり・・・。 契約時のメールを探すにも若干時間がかかりますので、10社以上契約してごちゃごちゃになっている私の場合、検索したほうが早いというのがあります。

ということで本来はレンタルサーバーの管理画面にログインして探すという方法をお勧めしますが、検索してしまうのも手です。

ネームサーバーのより詳しい設定については他のページでも説明しています。
ネームサーバーの設定方法について

その3.FTPの設定を新しいレンタルサーバーの設定に変更する。

次に必要な設定がFTPの設定になります。これも以前のレンタルサーバーの設定のままですとアップロードしても新しいサーバーには転送されませんので、しっかり設定変更をしていくことが必要です。

ということで、一般的なホームーページであれば最速30分でサーバー移転は完了します。

レンタルサーバーの乗換えを考える事例を紹介します。

契約するレンタルサーバー先を一生懸命考えて無事に契約。
半年、1年と無事にサイト運営をしてきたけれど・・・

問題が起こってレンタルサーバーの移転をしなきゃいけなくなった。
なんてことも当然起こるわけです。

じゃあ、レンタルサーバーの移転を考えるときって、どんな時があるのでしょうか。ちょっと考えてみました

その1:気がついたら契約が終わってた(汗

もしかしたら、これが1番多いサーバー移転の理由かもしれませんね(笑)

かくいう私も、気がついたらサーバーの契約が終わっていてサイトが見えなくなっていた。なんてことが何回かありました。 元データを持っていますし独自ドメインで契約をしていますので、ドメインの管理画面でに新しいサーバーの設定を入力してしまえば 何てことはありません。

1時間後には見えるように元に戻っています。

契約がいつのまにか切れてしまうレンタルサーバー業者はいつも同じところです。 なぜこの業者だけ毎回気づかずに切れてしまうのかというと、管理画面にログインするのが他社よりめんどくさくて、 なおかつ支払いもかなり手順が多く億劫です。

いまでは、この業者でサーバーを利用していません。

某激安系の名前がキュートなレンタルサーバー屋さんなんですが、 管理画面や手続きのシステムがめんどくさいためにかなり顧客を損失していますね♪

その2:ひたすら重い

サイトに入るたびに止まってしまっている。
夜中に見ると重いことが多い。

これもサーバーを移転しようと考える大きな原因になると思います。

ホームページではないですが有名なアメブ●や楽●ブログなんかも、夜中になるとちょいちょいシステムメンテナンスで 見れないことが多いです。

このように「見たいときに見れない(--怒!」というのは顧客損失になりますので、 気になったらサーバー移転の時期なのかもしれません。

その3:もっと安いサーバーで利用したい

普通の個人商店のホームページなのに月に8000円や1万円もするような高機能なレンタルサーバーを借りていた。

無駄な出費をしていることに気がついたときも移転のタイミングです。

アクセスが1000も2000もあって、なおかつ負荷が高い動画や、ネット決済を導入しているホームページであれば別なのでしょうが 一般的なネットショップぐらいであれば大塚商会やWADAXあたりの月額1500円~2000円のレンタルサーバーで充分です!

99.9%の稼働率で比較的安く利用でき、電話サポートもばっちり。
バランスの取れたレンタルサーバー業者に乗り換えてみてはどうでしょうか。

[←前の記事へ] [次の記事へ→]