レンタルサーバー比較

【保存版】レンタルサーバーのわかりやすい比較。2017年9月版

レンタルサーバーを比較する際のキーワードを調べて見ると「おすすめ」「格安」という言葉が良く使われています。

そこで、このページではレンタルサーバーを選ぶ際の基準として「おすすと」と「料金」を紹介し、 それにあわせて 「稼働率」「サポート体制」「容量」「ワードプレス」「マルチドメイン」「SSL機能」「バックアップ体制」「メール機能」など計10項目をまとめて比較してみました。

それぞれのポイントがどのような意味を持つのかも合わせて説明していますので、レンタルサーバーを選ぶ際の参考にして下さい。

1.おすすめ

当サイトのおすすめNo1サーバーは「WebAERNA SuiteX」と「エックスサーバー」です。

まずWebAERNA SuiteXですが、なんといってもNTTグループの運営サーバーということで利用への安心感があります。 国内データセンターでの運営でありデータ転送量は無制限。SLA稼働率100%に設定されていてサーバーの安定度への自信が伺えます。 セキュリティ機能も充実していてマルチドメインも10個まで対応しています。 わからない時は電話サポートもありますし、数年前は3000円台だった料金もすごく安くなって今では約1300円から利用できます。

データベース数が3個なためワードプレスサイトを沢山作る場合に難しい点、自動バックアップ機能が有料となっている点が弱みとしてありますが、総合的に見てとてもおすすめのサーバーです。

既に他のレンタルサーバーを利用している人の乗換え先サーバーとして人気です。会社の新しいホームページ用や、個人でもしっかりホームページ運営したい人に向いていると思います。

  • WebAERNA SuiteX・・・稼働率100%保証を設定して、大手企業NTTが運営しているのが魅力。

次に紹介したいのがエックスサーバーです、あまり一般的には知名度は高くなさそうなイメージがありますが、実はレンタルサーバーのシェアとしてGMOにつぐ2位のシェアを持っている 人気のレンタルサーバーになっています。

大体1000円ほどの料金で低価格でありながら無制限のマルチドメイン、自動バックアップ機能(実際にデータが壊れバックアップ利用時には料金が発生します)。

また、ワードプレスの簡単設置が可能となっていて、個人の運営に向いているレンタルサーバーとして人気を博しています。

2.料金(初期費用と月額料金)

レンタルサーバーの料金はドメイン料金よりも差が大きいです。安いサーバーは月額100円~500円で利用できます。 個人的にミドルクラスのレンタルサーバーだと判断しているサーバーであれば大体1000円~2000円くらいの間になっています。 当サイトで紹介しているものでは1番高いものでも月額3000円ちょっとのレンタルサーバーですが、より法人の本格的なものなら月額1万円とか数万円を軽く超えてきます。

このように料金の幅が広いのがレンタルサーバーですが、 個人が利用するものだったり、また法人であっても自前でオンラインショップを運営する。といった本格的なものではなくて お店や会社の公式サイトを運営する程度のものであれば当サイトで紹介している1000円~2000円のレンタルサーバーで十分機能すると思います。 (※2016年6月5日の料金)

会社名 初期料金 月額料金
WebAERNA SuiteX 0円 1361円
大塚商会アルファメールダイレクト 3000円 1190円(※通常1400円)
NTT bizメール 0円 1429円
WADAX 3240円 1188円(※通常1296円)
エックスサーバー 3000円 900円(※通常1200円)
GMOクラウド 5000円 943円(※通常1315円)
CPI 0円(※3、6ヶ月払いは2万円) 3200円(※通常4400円)

1000円~2000円に収まる価格帯のレンタルサーバーの会社は多く非常に競争が激しいため、 利用する側としては選択肢がたくさんありとてもサービスが充実しています。

※各レンタルサーバーの長期割引適用した最安値プランの料金を紹介しています。

格安レンタルサーバー

会社名 初期料金 月額料金
ロリポップ 1500円 100円
クイッカ 926円 90円
スターサーバー 1500円 126円
さくらレンタルサーバー 1029円 129円

最近では格安サーバーも多機能化しており、機能が充実しています。 各社1番安いプランを紹介していますがマルチドメイン数やデータベース数が少ない場合もありますので、多サイト運営の場合には注意です。 まず100円のプランではデータベース数やマルチドメイン数の制限があってまず作れません。 だいたい月額500円ぐらいのプランから、複数サイト展開ができるようなイメージをもっています。

3.サーバー稼働率と転送量

商用・ビジネスサイトでとても大切なのが稼働率の確保です。 アクセスが集中した際に「503エラー」や表示が遅くなってしまってサーバーが落ちてしまってはアクセス損、しいては売上げの機会損失になります。 そこでサーバーの安定度が気になる方にむけてSLA100%稼動保障をしているレンタルサーバーを紹介します。

あわせて転送量についての比較もしています。(※転送量とは?

会社名 稼働率保障 転送量
WebAERNA SuiteX 稼働率100%保証 無制限
CPI 稼働率100%保証 無制限
GMOクラウド 稼働率100%保証 無制限

SLA100%稼動保障をしている月額数千円のレンタルサーバーは現在この3社になっています(他にもあるかもしれませんが)。 「CPI」と「WebAERNA SuiteX」は高機能なイメージがあるので納得ですが、意外にもGMOクラウドも稼動保障をしていました。 サーバーの安定性をもとめるのであれば、このあたりのサーバーを選択するといいと思います。

格安サーバーや1000円ほどのサーバーを使っていてアクセスが多くなってしまった場合でも、大体は「プランの変更や他社サーバーに移って欲しい」とそのサーバー会社から連絡が来るので、 決して100%稼動保障が必要なわけではありません。

しかし、やはりホームページが重くなったりするとアクセスの離脱にもつながってしすし、その後のサーバー移転にも作業がかかってきますので、 心配であればSLA100%稼動保障のレンタルサーバーを考えておいたほうがいいかもしれません。

4.サポート体制

ドメインの設定や料金の支払い、不具合が出たときにいざあると助かるのが電話サポートです。 電話サポートの対応時間をまとめてみました。

会社名 電話サポート
CPI 全日OK 24時間(※1)
大塚商会アルファメールダイレクト 全日OK 9:00~19:00(年末年始を除く)
WADAX 平日 9:00~22:00/ 土日祝 9:00~18:00
WebAERNA SuiteX 平日 9:30~18:00(年末年始を除く)
エックスサーバー 平日 10:00~18:00
GMOクラウド 平日 10:00〜18:00
さくらレンタルサーバー 平日 10:00~18:00
ヘテムル
NTT bizメール
ロリポップ -(※2)
クイッカ
スターサーバー

※1 月額900円の有料サポートなります。
※2 月額500円スタンダード・月額2000円のエンタープライズプランでは平日10:00〜18:00で電話サポート対応

個人的に重要視しているのがこの電話サポートです、なぜなら過去サーバーの設定や、料金の未払いの件などで各社レンタルサーバーのコールセンターとは 何回も連絡をしあった経験があるからです。

設定などでわからないことがあった場合メールよりも電話をして聞くのが1番早いです。時間もかかりませんし、わからない設定に頭を悩ませる必要もありません。 そのため、初心者の方で調べるのが苦手な人には電話サポートがあるサーバーをおすすめします。

5.容量

どれぐらいのデータを置けるのか容量も比較しています。容量が多いところでは無制限や300GBの利用も可能となっています。 動画や写真を多用しても安心できるのではないでしょうか。(※レンタルサーバーの容量や料金は?平均はどれくらい?選ぶ基準を教えます。

※各社の最安値プランから抜粋

電話サポートとはうってかわり、個人的にあまり重要視していないのがこの容量の違いになります。 このホームページは100ページ以上ありますが、それでも容量は1GBもいっていません。 容量を気にするとしたら、1000ページ以上で写真をふんだんに使っているようなホームページ、また動画を扱うようなホームページに限られるのではないでしょうか。

だいたい、1000円ぐらいのレンタルサーバーになると容量も100GBを超えてくるところがほとんどですから、まず容量は心配しなくても大丈夫なのではないかと思います。

6.ワードプレスの簡単インストール

ブログを自分で作れて管理やカスタマイズもできるワードプレスがいま大人気です。 本来はワードプレスの設定がやや難しいのですが「簡単インストール」があるサーバー会社であれば初心者でも楽して利用できるのが魅力です。

そこで簡単インストールが利用可能なレンタルサーバーをまとめてみました。

会社名 簡単インストール
エックスサーバー かんたんインストール
WebAERNA SuiteX かんたんインストール
スターサーバー かんたんインストール
WADAX かんたんインストール
ヘテムル かんたんインストール
さくらレンタルサーバー かんたんインストール
ロリポップ かんたんインストール
クイッカ かんたんインストール
大塚商会アルファメールダイレクト
GMOクラウド
CPI
NTT bizメール

7.マルチドメインとデータベース数

1つのレンタルサーバーで多サイト展開したい場合に便利なのがマルチドメインの機能です。 需要も多く人気の機能のためなのか、以前と比べて利用できるレンタルサーバーが明らかに増えています。

運営サイトでワードプレスを利用する場合は、マルチドメインに加えてデータベースの利用も必要となります。 そのためデータベース利用可能数(MySQL)についても調べてみました。

会社名 マルチドメイン データベース(MySQL)
CPI 無制限 無制限
ヘテムル 無制限 100個
エックスサーバー 無制限 50個
GMOクラウド 60個 30個
スターサーバー 50個 100MBが目安(以前は5個)
さくらレンタルサーバー 20個 ×
ロリポップ 20個 ×
WebAERNA SuiteX 10個 3個
クイッカ 5個 ×
WADAX × 1個
大塚商会アルファメールダイレクト × 1個
NTT bizメール × 1個

※各レンタルサーバーの最安値プランのデータ掲載

8.バックアップ体制

データが壊れてしまった。だけど自分ではバックアップを取っていない! そんなに助かるのがバックアップ体制です。 ここでは各社のバックアップについてまとめてみました。

会社名 簡単インストール
エックスサーバー 7世代バックアップ
利用時のみ1万800円
GMOクラウド 3世代バックアップ
利用時のみ2万円
ヘテムル 7世代バックアップ
月額700円
CPI 3世代バックアップ
月額2000円から
ロリポップ 7世代バックアップ
月額300円
WADAX ?世代バックアップ
年額2592円
WebAERNA SuiteX 7世代バックアップ
月額3000円
クイッカ -(※プレミアムプランのみ対応)
スターサーバー
大塚商会アルファメールダイレクト
NTT bizメール
さくらレンタルサーバー

レンタルサーバーの一覧

ここまでレンタルサーバーを項目別に比較してきましたが、もう少し会社ごとの特徴を知ってもらうために会社別にその特徴をまとめてみます。

WebAERNA SuiteX

WEBアリーナ

クレジットカード払いにすれば長期割引により月額1361円から利用できます。NTTコミュニケーションの国内データセンタ収容。 セキュリティ対策が豊富で、サーバー稼働率100%を設定しているのも魅力です。
個人向けにはマルチドメインやワードプレス簡単インストールが利用できるのがうれしいですし、 法人向けとしても332万人利用しているグループウェア「デスクネッツ」ことがポイントです。 上場企業から官公庁まで幅広く導入されている信頼度の高いサーバーが利用できます。以前は3000円ぐらいしたレンタルサーバーです。

WebAERNA SuiteXの詳細はこちら。

大塚商会アルファメールダイレクト

アルファメール

当サイトで長らく人気NO1だったアルファメールダイレクト。 なんといっても利用中は取得費用だけでなく更新費用も含めてドメイン料金が永久無料になります。 長期割引でサーバー料金が最大15%オフに。大塚商会の法人対応で期限きれの時はしっかり電話で連絡してくれるので安心です。 14日間無料お試し体験ができます。

大塚商会アルファメールダイレクトの詳細はこちら。

WIX

WIX

かんたんホームーページ作成サービスのWIXです。その名前のとおりHTMLやCSSの知識なしにホームページが作れます。 100種類以上のおしゃれなテンプレートから選択。細かなデザインはドラック&クリックで変更可能で、さらにスマホにも自動対応。 まったくの初心者でも3日あればホームページが作れます。
広告が表示ありの無料コースから利用できるのが魅力で、ドメイン取得コースや広告なしのコース利用の場合は月額500円~1000円以上の料金が目安となります。

WIXの詳細はこちら。

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーは個人の間にクチコミ人気となり評判が良いレンタルサーバーです。 いまでは業界内のシェアが10%ほどまでになっています。 1年間の長期割引で月額1050円。初期費用は3150円となっています。

エックスサーバーの詳細はこちら。

NTTbizメール

NTTBIZメール

初期費用は0円!150GBの大容量プランがあります。初心者の人にむけてホームページ作成サービスも オプションで利用が可能。

NTTbizメールの詳細はこちら。

WADAX

wadax

超高速ストレージSSDを採用しているのがWADAXです。この価格帯でSSD採用しているのはまだ数社しかありません。 セコムのセキュリティを導入していてDos攻撃や不正侵入にも対応してくれます。 新機能のiphoneアプリでスマホからも更新が可能になっています。

稼働率99.9%!「WADAX」の詳細はこちら。

ヘテムル

ヘテムル

クリエイターの方に多く選ばれているレンタルサーバーです。 月額1500円ですが長期割引で1000円まで料金が安くなります。 2016年度よりHHDからSSDに性能がアップ。 マルチドメインは無制限。データベースは100個までと多機能なのが魅力です。

ヘテムルの詳細はこちら。

GMOクラウド

GMOクラウド

ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円に。 容量200GBと十分な容量になっています。 オプション1500円でテンプレートからホームページが作れるサービスも始まっています。

GMOクラウドの詳細はこちら。

グーペ

グーペ

「ホームページは欲しいけど自分では作れない・・・」。 そんな風に感じている自営業やお店を持っている方におすすめなのがグーペです。
webサイトビルダーなので既にデザインがテンプレートで決まっているためHTML、CSSの知識まったくなしで作成OK。 クリックとテキスト入力というワードに近い感覚でホームページが作れます。

グーペの詳細はこちら。

CPI

CPI

一歩進んだ本格的なweb作成におすすめのレンタルサーバーです。 料金は月額3800円からと当サイトで紹介しているサーバーの中では高くなりますが、30世代前までの自動バックアップ機能がついていて、 テストサーバー環境がかんたんに作れます。
さらに、テストサイトのコンテンツをそのまま公開サイトへ置き換えますので、 本番環境で動作しなくなった。という心配もなくなります! 神奈川県などの公的機関からサントリーなどの大手企業にも採用されているサーバーが3000円台から利用できます。

CPIの詳細はこちら。

3.格安レンタルサーバー会社一覧

ロリポップ

ロリポップ

レンタルサーバーと言えばロリポップを思い出すぐらい、人気のレンタルサーバーです。 格安サーバーとしていち早く定着しているロリポップ。 ”ナウでヤングなレンタルサーバー”のキャッチコピーはあまりにも有名です。

ロリポップの詳細はこちら。

スターサーバー

スターサーバー

月額250円から利用できる格安レンタルサーバーです。 マルチドメイン対応で容量も50GBまで利用可能。メールアカウントの利用もできますし、 ワードプレス簡単インストールも出来ます。

スターサーバーの詳細はこちら。

レンタルサーバー

特集