自営業、個人事業主のホームページ作成

「売上を上げたい!」と自営業・個人事業主がホームページ作成して開設する時に知っておきたい作る方法5つ&集客方法。


当サイトで1番人気のレンタルサーバーです。※1

ホームページ作成 日本の会社の95%以上は中小企業から成り立っています。さらに詳しく説明すると雇用者が5人以下の小規模企業 は90%近くになり300万社以上の数があるんですね。

私のような個人事業者や自営業者もここに入ります。
300万社ってすごい多いですよね。300万です。300万社。

いまでは10年前とは違いインターネットが当たり前の世の中になってきました。
会社やサービスを知ってもらうためにホームページを作るところもドンドン増えてきています。

だけど、この300万社のうちのほとんどの方は
ホームページとは全く関係のない仕事につかれていると思います。

「ホームページを作って売り上げを伸ばしたい」
「だけど、どうしたらいいのかがわからない」

こんな人が多いんじゃないでしょうか?

ホームページやインターネットでの集客・販売は手間もかかりますので大変です。やりたくないと思います。 しかし、実店舗をもつより遥かにコストもかかりませんので敷居は低いですし、 長期的な視点で見るとホームページを持って集客するのは非常に効果があります。

そこでこのページでは自営業や個人事業の方が

この2点についてまとめてみました。

初心者でも簡単にホームページを作る5つの方法

「ホームページを持とう。」ということを決めた場合、制作業者などに依頼してしまえば非常に楽ですが、やはりお金がかかりますよね。

ページの総数や依頼する内容によって料金は本当に違ってきますが、 ちょっとした機能をつけても10万円ぐらいかかることはザラですし、 データベースやプログラムが絡んでくればそれこそ20万、30万かかることも珍しくありません。 そうなると多くの方が次に考えるのは「自分でなんとかする」という選択肢だと思います。

幸いなことに今ではホームページを自作するといってもいろんなサービスが登場していて、 HTMLの知識がなくてもホームページを持つことが可能になってきています。無料で利用できるサービスもあります。

飲食店や美容室の方のようなお店をもっている方の店舗用サイトや、会社用のコーポレートサイトが欲しいかたまで。 ホームページを作るのは以前より遥かにカンタンになっています。

そこで、ここでは『かんたんに自作をしてホームページを作る』ための幾つかの方法を紹介しています。

その1.「WIX」などのホームページ作成サービスで作る。

ホームページ作成サービスを一言で説明するとクリックと文字入力だけでホームページが作れるサービスです。 HTML、スタイルシートの知識が一切必要ないのが特徴です。 勉強する時間や手間を考えたら非常に合理的なサービスなため、ここ数年で人気になっています。

既に出来上がったおしゃれなテンプレートがあり、それを選択して決まった場所に住所や文章を書いていきます。 文章ソフトのワードやパワーポイントの操作に近いイメージがあるかもしれません。

画像に丸みをつけたり、影をつけるのもクリックで出来ます。 お店やまでの「アクセスマップ」や、「申込みフォーム」、「決済システム」これらの機能も知識なしで作ることが出来ます。 5年ぐらい前だったら考えられないサービスが利用できるようになっています。

WIX

WIX

海外発のウェブサイトビルダーとして世界で6000万人!の利用者がいるのがWIXです。 この分野ではおそらくトップシェアの会社です。

WIXの魅力は2つあります。まずは①ホームページ作成がマウス操作1つである程度作れるのでとても簡単なこと。 ②無料でも利用できること。この2点です。

実際に使ってみてWIXの凄さがわかりましたが、本当に簡単に2時間ほどで店舗用サイトの概要が作れてしまいました。 その時の体験談をまとめています。

WIXで美容院サイトを本当に作ってみました。

用意されているテンプレートはデザインに凝ったものが利用できます。 店舗用サイトや、コーポレートサイトとしてもプロが作ったようなサイトの出来栄えと本当に変りらないものが作れます。 仕事用やビジネス用に使いたい場合でも有料コースがしっかりとあるので 月額900円~1500円程度を払えば独自ドメインの利用もOKですし、プロレベルのホームーページが運営できてしまいます。

メリット:無料から利用できてテンプレートの質が高く、デザインがとてもオシャレなことです。なにより知識0で作成できることが魅力です。

デメリット:SEOに弱い点です。アクセスを集めたい場合はYAHOOのリスティング広告など有料広告やその他の施策が必要かと思います。

無料ホームページ作成「WIX」

かんたんホームページ作成グーペ

グーペ

お店や会社用のおしゃれテンプレートを探している人におすすめ。 HTMLやCSSの知識ゼロでも誰でも作れるのがグーペのテンプレートです。基本的には「WIX」のサービスとほぼ同じになります。 日本のホームページにあったおしゃれなテンプレートが多く置いてあります。

グーペはお店や会社用のホームページに特化したサービスになっています。そのため個人の方が利用するよりも 商用で使われていることが多いです。

公式サイトで誰でもテンプレートを見ることが出来るのでWIXのテンプレートなどと比較してみてもいいかもしれません。

かんたんホームページ作成グーペはこちらから。

Jimdo

Jimdo

登録してサイトを作ってみましたが一言でいうとデザインが出来あがっているパワーポイントを触っている感覚です。 おしゃれなテンプレートが豊富にあり、文字をその上に打ち込んでいく感じです。 少し動作が遅いかなとも思いましたが、それでも十分でしょう。

価格は基本無料ですがドメインを利用したりすると料金が発生します。この場合、ざっくり月額1000円程度かかると思ってください。

メリット:完全無料である程度オシャレなホームページが作れることです。しかもパワポ感覚で使えます。 またジンドゥは日本版に力を入れていますので他の海外ビルダーサイトよりサポートがしっかりしています。

デメリット:細かなカスタマイズが出来ない部分。またSEOもあまり期待できない点がデメリットになります。

ありえない程かんたんにホームページが作れる【Jimdo】

感想

HTMLなどを覚えてしまった方がホームページでやりたいことを実現できるというメリットがありますが、そうなるととても時間がかかります。 HTMLやCSSは覚えないでとにかくホームページを持ちたいというのであればこちらのやり方はとてもおすすめです。

悪い点があるとすると一般的にウェブサイトビルダーはSEOに弱いとされていますので、 集客についてはリスティング広告やメルマガなどその他の方法で集客することになると思います。 検索エンジンからの流入は弱いです。

その2.ホームページ作成ソフトを使って作る。

ホームページの自作を考えた時に一番最初に思い浮かぶのは「ホームページビルダー」などのホームページ作成ソフトではないでしょうか。 これも「WIX」や「グーペ」と同じようにテンプレートを選んで、その後は文字やタイトルなどを入力していくだけです。

個人的な感想として「WIX」のようなホームページ作成サービスと比べたときにSEOに強いメリットがあります。 一方で作成ソフトにおいてスライドショーや予約機能・アクセスマップなどそういった機能をつけるには専門的な知識が必要となり、 クリック感覚で作ることができる「WIX」「グーペ」とは異なります。

シリウス

シリウス

初心者に最適なホームページ作成ソフトはどれですか?と聞かれたら自分は間違いなくシリウスをおすすめします。 実際に購入して使っていますが本当にコピペ感覚に近い操作でホームページが作れるソフトはここだけだと思っています。 それでいてテンプレートもある程度の数があります。

メリット:スマホに完全対応しています。またコピペ感覚で作れる初心者向け用のソフトに仕上がっていながら、 HTMLを徹底的にいじることも可能なのでカスタマイズもガッツリできます。 入力画面も使いやすく作られていて、ワードプレスやその他のCMSを利用した後にシリウスを使うと親切すぎて感動するぐらい管理画面が使いやすいです。

デメリット:シリウスはアフィリエイト専用の作成ソフトとして販売されています。 アフィリエイターで利用している人も多いのでデザインをカスタマイズ出来ないと、アフィサイトとデザインが被ってしまう可能性があることがデメリットです。 この点が気になる場合は、デザイン対策としてバナープラスのような画像作成ソフトでデザインをカスタマイズすることで差別化をする必要があります。

価格は通常版が1万8800円で上位版が2万4800円。ある程度HTMLができる人は上位版で。はじめての方は通常版でいいと思います。

シリウス

感想

シリウスを使って幾つかのホームページを持っていますが、比較的SEOに強いですからGoogleやYahooからの流入が期待できます。

HTMLやCSSなどの知識は基本的にはなくても作成できます。しかし細かい点を作りこみたいのであればやはり必要になります。 テンプレートが何種類か用意されていますが、そのままカスタマイズなしに作るとアフィリエイトサイトのようになってしまうのが難点としてあります。

SEOメインで集客したい。デザインはそこまで気にしない。そんな方に向いているのがホームページ作成ソフトになります。

その3.ワードプレス

ワードプレスとは無料で作れるブログのことです。アメブロやライブドアブログなどのようなブログを自分で持てるようになります。 多くのテンプレートが用意されていて、カスタマイズも容易にできるものがあり普通のレンタルブログを使うより自由に運営できます。

レンタルサーバーを借りてワードプレスをインストールする必要がありますが、多くのサーバー会社では「かんたんインストール」というサービスを実施していて、 初心者でもあまり問題がないほどの手間でワードプレスの開設が可能になっています。

Simplicity

現在、無料のワードプレステンプレートではおそらく1番人気のあるのがこちらだと思います。 常にバージョンアップされていて質問フォーラムが活発なのが印象です。 実際に私もこちらのテンプレートにお世話になって利用していますが、 ソーシャルリンクの設置や関連ページの細かい設定などもかんたんに行えます。非常に使いやすいです。

Simplicityはこちらから。

STINGER5(ストリンガー5)

シンプリティと並んで有名な無料ワードプレステンプレートがSTINGERです。 どちらのテンプレートもデザインが秀逸ですので、無料ワードプレスを探している時には比較して選んでみるといいかもしれません。

ストリンガー5はこちらから。

感想

ワードプレスも基本的にはHTML、CSSの知識なしで運営が可能です。 そうはいっても管理画面などは初めて触るととっつきづらい点もあり、ある程度のネットの知識は必要なのではないかというのがあります。 本当に初心者の方であれば上で紹介している「WIX」「ジンドゥ」などのwebサイトビルダーや、「シリウス」などのホームページ作成ソフトのほうが簡単に作ることができます。

ワードプレスもSEOに強いと言われています。しっかりと記事を書くことで検索エンジンからの流入が期待できるのが魅力です。

ワードプレスの運用に適している人や会社は、適度にしっかりとした記事を更新できる方です。 週に1回ぐらいはなにかの記事を作成するつもりであればワードプレスはおすすめです。

更新の頻度が遅いとなると、ワードプレスの仕様上更新してないことがわかってしまいますので(※細かいカスタマイズすれば対応可能です)、 それならば作成ツールの「WIX」や作成ソフトの「シリウス」のほうがいいかもしれません。

その4.HTMLを覚えてテンプレートなどで自作する。

しっかり運営をしてカスタマイズもして大変でもいいから自作をして売上げを上げたい。 ということであれば、テンプレートを探してそこから作り上げたり1から自分でデザインする方法もあります。 HTMLやCSSの理解は必須となりますので、時間はかかりますが勉強ができる人向けの方法となります。

その5.無料ブログを借りる

ブログとは日記を書けるサービスです。「アメブロ」などの無料ブログサービスを利用すればデザインテンプレートを使って、 かんたんに自分のブログを持つことが出来ます。 毎日、仕事に関する記事を更新したりして仕事につなげているお店や自営業の方はたくさんいらっしゃると思います。


「売上げを上げたい!」自営業のためのアクセス集め&集客方法

無事にホームページを作ったとしても、そこがゴールではなくてスタートです。

会社用のコーポレートサイトであればアクセスがなくても問題ないかもしれませんが、何かのサービスに関わるホームページならアクセスを増やして売上げにつなげたいという気持ち があると思います。サイト運営してもアクセスが0であれば何も売れることはありませんから、まずはアクセス集めです。

どんなアクセスアップの方法があって、どのように施行していけばいいのか。その点についてまとめてみます。

その1.SEO対策

どう施策するのか?

SEO対策とはヤフーなどの検索エンジンで検索した時に、自分のサイトが上位に表示されるようにすることです。 そして2016年の今、SEO対策をする上で1番重要なのは「内容のある、ボリュームのあるページを作る」ことだと思っています。 以前であれば他のホームページからの被リンクをつけたりすることが効果的でしたが、今ではそういった作業は必要がないと思っています。

この「ドメイン取得への道」も数年前までは放置していて内容も薄かったためアクセス数は20~30といった程度でした、 そこから1年~2年かけてページを更新して1ページずつ内容のあるものに修正・追加していったところアクセス数は10倍ほどにまで増加しています。

メリット・デメリット

SEO対策は自分1人でも実践することができるのがメリットです。 ホームページのテーマについて詳しかったり、自分で調べることができれば それをテキストとして入力するだけで立派なSEO対策となります。 自分1人で対策すればお金をかけずに実践することだって可能です。

SEO対策があわない業種

店舗や会社のホームページとして考えたとき、SEO対策は業種によって合わない業種もあるのがデメリットの1つです。 例えば飲食店の場合、ホームページにメニューの種類やレシピや生産地などの情報などを載せたとしても、 SEOでは他の都道府県からの流入も多くなるため、あまり新規顧客の獲得には繋がらないのではないかと思います。 むしろ「食べログ」に登録するなど大手サイトからの流入、SNSでのクチコミや顧客つくりに力を入れたほうがいいと思います。

または「横浜市+洋食」「東京駅+店舗名」といったように地名などを入れた ピンポイントなキーワードでリスティング広告を出稿してもいいかもしれません

SEO対策があう業種

例えばオンラインショップなどの場合は全国各地の人が顧客になりますので、SEO対策の効果が高く見込めます。

例えば雑貨屋などであればたくさんの商品があると思いますが、 これらの商品の特徴やアピールポイントを1つ1つ書いていくことで、自分でもわかっていない意外なキーワードでアクセスが増えることもあります。 1回キーワードがわかればそのキーワードでさらにSEOをかけたり、リスティング広告でピンポイントで出稿するなどの対策が出来ます。

その2.SNSからの流入

検索エンジンだけでなく、最近ではフェースブックといったSNSからの流入も期待できるようになっています。 この場合、お店や会社専用のアカウントを取得して日々情報を発信していくことが必要です。

SNSの場合、毎回お店から発信された情報を目にすることになりますので一定のファン顧客を作るのに最適です。 SEOと同じく手間暇がかかりますが、お金をかけずに運営することも可能です。

予算ゼロでも!ファン1万人を集めたFacebookページ事例 お金を使わない集客10の方法

その3.リスティング広告

リスティング広告はヤフーやGoogleなどの検索エンジンに上位表示できるサービスです。 例えば家具屋さんであれば「折りたたみ テーブル」というのは非常に購買力のあるキーワードですが、 このキーワードに対して1クリック70円などで広告を出すような流れになります。

100アクセスあれば7000円のコストになりますが、もし何人か実際に購入してくれれば売上げに直結します。

どう施策するのか?

リスティング広告で大切なのは出稿するキーワードになります。 どんなキーワードでの需要があるのか?を常に考える必要があります。 購買力が高いのに誰も広告を出していないキーワードを見つけることが出来れば、即売上げにつながることもありえます。

検索エンジンで表示されたときの「タイトル」や「説明文」もクリック率や成約率が高くなるように考えなくてはいけません。 キーワードごとの広告単価も自分で決めることになりますので、いくらが最適なのかそういった施策も日々行うことになります。

このリスティング広告にはヤフーリスティング広告・Googleアドワーズなどがあります。

メリット・デメリット

メリットはホームページがあれば誰でも導入が可能なことです(※審査はあります)。 SEO対策やフェースブックのように対策に時間がかからないので、利用開始すれば明日や明後日からでもアクセスが見込めます。

一方でコストがそれなりにかかりますのでクリック単価が高すぎれば赤字になることもありますし、 キーワードによっては検索数が少ないためリスティングしてもアクセスが集まらないこともあります。 私もリスティング広告の経験がありますが、思ったよりも成約率が低くあまり利益がでなかったことがあります。

その4.大手サイトに登録・広告を出す。

意外に効果があるのが、お店やサービスに関連した大手サイトを利用することです。 例えば飲食店だったら「ぐるなび」がありますし、ネットショップだったら楽天やYahooショッピングを利用すればそのモールからの集客が期待できます。 自社が運営するホームページにどのような大手サイトがあるのか、しっかり調べてみるといいと思います。

どう施策するのか?

例えば美容室の場合「ホットペッパービューティー」や「ozmall」といった検索&予約サイトがあります。 このような大手予約サイトに登録・広告を出すことでアクセスを期待することができます。 この場合ホームページが必要ないところもあります。

飲食店であれば「ぐるなび」や「食べログ」が有名ですが、このように運営サイトに関連した大手サイトがあるかどうか調べて広告を出すことが出きれば、 リスティング広告と同様に時間をかけずにアクセスを集めることが可能になります。

まとめ

ホームページの作り方と集客方法について1ページで簡単に紹介してみましたが、まずは作ってみて試行錯誤しながら運営していくことになると思います。 ネット集客の場合、実店舗などと違いコストはかかりますが自分でコントロールできますし、安価に済ますことも出来ます。

サイトを作って更新して運営して、SEO対策・リスティング・SNS・広告出稿までやるととなると、実業がおろそかになってしまうかもしれませんが 兼ね合いが取れるようであれば、ネット集客は魅力のあるものだと思います。

まずは作ってみることが第一歩です。

「WIX」などのホームページ作成サービスを利用する場合は、WIX自体がレンタルサーバーみたいなものですので別途サーバーを借りる必要はありませんし、 作成も本当に簡単です。

一方で「しっかり更新したりデザインを変えたりして運営したい」ということでビルダーやシリウスなどのホームページ作成ソフトを使ったり、 ワードプレスを利用してホームページを作りたい場合であれば「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」が必要になります。

「レンタルサーバーの選び方はどうすればいいのか?」と迷ったときにはレンタルサーバーのまとめ記事も書いているので参考にしてみて下さい。

※1:2015年10月~2016年2月までの当サイトにおけるレンタルサーバー集計から。

おすすめのレンタルサーバー

サイト名特徴
WebARENA SuiteX
WEBアリーナ
WebARENA SuiteXの詳細★★★★★
WebARENAはNTTコミュニケーションズ運営でNTTグループとしての法令遵守と高い倫理観。 そして18年以上、10万件にもわたる運営のノウハウが蓄積されています! 料金はクレジットカード払いで初期料金0円&月額料金1361円と1000円台で利用が可能。 容量は大容量の300GB。マルチドメイン対応。無料の電話サポートや24時間365日の有人監視体制でサポート&セキュリティも安心。 さらに稼働率は100%おすみつき。
エックスサーバー
エックスサーバー
エックスサーバーの詳細★★★★☆
エックスサーバーはクチコミの評判が良いレンタルサーバーです。 特徴は高いコスパにとっつきやすい管理画面の使いやすさ。 マルチドメインにも対応しているので複数のサイト運営でも問題ありません。 また32Gbpsの高速バックボーンという快適な環境を実現しています。 1年間の長期割引で月額1500円→1000円まで下がります! ワードプレスを始めるなら最適なレンタルサーバーだと思います。 2016年12月23日まではプレゼントキャンペーンでドメイン代無料!
CPIレンタルサーバー
cpi
CPIレンタルサーバーの詳細★★★★☆
KDDIが運営する法人向けで人気のCPIレンタルサーバー。 月額3800円と当サイトの紹介サーバーの中では1番高いですが、その分スペックは申し分ありません。安心の稼働率100%保障。 データベースやマルチドメインの利用はなんと無制限!さらに10世代前までの自動バックアップ。 それでもいて初心者でも安心して使ってもらえるよう各種お任せサポートや、専任スタッフによる電話サポートもばっちりで24時間365日対応してくれます。 20日間のあいだであれば無料でお試しができます。 既存サーバーからの乗換えの場合、CPIがすべて行ってくれるサービスあり。
ロリポップ
ロリポップ
ロリポップの詳細★★★★
「ナウでヤングなレンタルサーバー」をフレーズに低価格のレンタルサーバーとして有名なロリポップ。 初期費用やドメインの料金とあわせると初年度は月額300円~400円ほどで利用が可能になります。 人気が故にトラブルも時にはありますが、悪かろう安かろうでも問題なければおすすめしたいサーバー。 格安サーバーでありながらマルチドメインなどにも対応しています。
大塚商会 アルファメールダイレクト
大塚商会
大塚商会 アルファメールダイレクトの詳細★★★★
アルファメールの1番の魅力は「.jp」や「.co.jp」などドメイン料金がなんと永久無料なことです! 料金は月額1400円、長期割引で最大15%安くなります。 サーバー稼働率は99.9%、初心者の方むけに無料の電話サポートやオプションの作成サービスもばっちり。 お試ししてみたい人のために14日間の無料期間もあり。東証一部に上場している大塚商会で安心のレンタルサーバーです。 12月28日までプレミア限定でホームページ無料作成(2ページ分)キャンペーン中。
NTT bizメール
NTT bizメール
NTT bizメールの詳細★★★☆
NTTコミュニケーションズが運営するbizメール。なんといってもNTTの安心感が違います! 月額1543円で容量は150GBとなっていて使い切ることが出来ないほどの容量。 初心者の方にむけてweb製作更新サービスや電話サポートもあり、作成が苦手な方でも問題ありません♪ 最短でお申し込み当日から利用することができます!
シックスコア
cpi
シックスコアの詳細★★★★
エックスサーバーの上位版となるのがシックスコア。 月額料金は1800円とエックスサーバーより高くマルチドメインなどの数も最大40個となっていますが、 その分国内高速の232Gbpsを実現していてサーバーにおける共有人数が少なくハイスペックな使い心地になっています。 いくつかのサイトをしっかり運営したい向けのレンタルサーバーと言えます。 また、99.99%以上の安定した稼動で、質問などは電話でサポートしてくれます。 専用SSL証明書、WAF機能、セコム定期診断などセキュリティも万全です。
WADAX
WADAX
WADAX★★★★
WADAXの魅力は土日や年末年始も含んだ365日OKの無料電話サポートHHD(ハードディスク)ではなく高速SSDのサーバーを採用している点です!SSD採用のレンタルサーバーはまだほとんど見かけません。 利用者の解約率はたったの1%で満足度が高いことを証明してます。 月額料金は1188円からとなっていて、マルチドメインなどはプランTypeSの月額1944円(最大10個)から利用できます。 個人用からビジネス用までバランスの取れているおすすめの会社といえるでしょう。
GMOクラウド
GMOクラウド
GMOクラウドの詳細★★★☆
ミニ・レギュラー・プロと3種類のサービスがありミニでは1年の長期割引で最低価格がなんと943円にと価格を抑えたサーバーになっています平日10:00~18:00の電話サポートもついていて十分なサポート体制となっています。 管理画面はかなり癖がありマルチドメインの追加などは電話サポートとの連携が必要だと思います。 複数人数で管理するための設定などもできて運営者が複数いた場合でも権限委譲などができます。 セキュリティサービス「サイトロック」が1年間無料キャンペーン。12月22日まで。
ミニバード
minibird
ミニバード★★★★☆
格安レンタルサーバーとして最近人気になっているのがミニバードです。プランはシンプルに1つで月額料金は250円となっています。 最大容量は50GB、複数サイト運営したい方にむけてマルチドメイン50個&データベースは5個まで利用可能! 12月23日18時までサーバー初期費用1500円が無料になるキャンペーン中。