サブドメイン

サブドメインってなーに?

サブドメインっていうのは独自ドメインを取得すると作れるようになります。

例えば「http://www.yahoo.com」というホームページがあるとします。
この場合、みなさんは「yahoo.com」というドメインを取得していることになります。

じゃあ、ここからサブドメインを作ってみましょう。

  • 「http://japan.yahoo.com」
  • 「http://soo.yahoo.com」
  • 「http://gooooooooogle.yahoo.com」

これがサブドメインです。

「www」の部分をなくして、その部分に別のキーワードが入ったものがサブドメインです。

このホームページのURLは「http://www.domain-easy-study.com」なので、管理人がサブドメインを設定さえすれば 「http://google.domain-easy-study.com/」のようなサブドメインを作ることができます。

独自ドメインを取得してサブドメインを作るには。

サブドメインは「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」を契約することで作ることが出来るようになります。 設定などはレンタルサーバー側で行います。管理画面に入るとサブドメインが作れる箇所があります。

サブドメインの文字は自分で自由に決められますし、レンタルサーバーごとに規定があると思いますが、基本的にはたくさん作っても大丈夫です。 だから次のように作ることもできます。

  • 「http://web.domain-easy-study.com/」
  • 「http://homepage.domain-easy-study.com/」

サブドメインは無料ホームページサービスなどでもらえることも出来ます。

で、このサブドメインですが独自ドメインを取得して自分で作る以外にも利用する機会があります。

それは「wix」や「jindo」のような無料ホームページ作成サービスを使う場合です。 この場合、ホームページのURLとしてサブドメインがもらえます。

無料ホームページのURLの一例です。

  • 「http://kantan.wix.com」(WIX)
  • 「http://nana.jimdo.com」(jindo)
  • 「http://subdomain.web.fc2.com/」(FC2ホームページ)

無料ホームページやブログを利用した場合、このように自分がつけたサブドメインに加えて、 このサービスの会社名でもある「.wix.com」のようなURLが付くことになります。

サブドメインの必要性やメリットは?

サブドメインを設定することで新しいURLを作ることができるので、お金をかけずに複数のホームページが作れます。 実際にドメインを1個だけ取得してサブドメインを作って何個もホームページを運営している管理人さんがいます。

サブドメインの1番のメリットはこのように「複数サイトの運営時にコストがかからない」ことです。

例えばメインサイトのURL用に「http://www.aoki.com」というドメインを取得して、趣味用のサイトとしてサブドメインを設定して運営をする。

  • 「http://soccer.aoki.com」(サッカー用の趣味サイト)
  • 「http://movie.aoki.com」(映画用の趣味サイト)

ということです。

しかし、現在は以前と違ってマルチドメインが多くのサーバーでも利用できるようになりました。 マルチドメインの機能を使えば1つのレンタルサーバーで複数のホームページが持てます(※ドメインはサイトの数だけ必要になります。)

そのため、今ではこのサブドメインを利用したホームページを見かけることは、かなり少なくなりました。

サブドメインのデメリット

一方デメリットを考えて見ます。

この3点がサブドメインのデメリットです。

サブドメインの利用者は減ってきている!?

2010年以前はチラホラ見かけることができたサブドメインですが、 個人的な体感として2016年のいま、ほとんど見る機会がありません。

見かけるとしても昔から運営しているサイトで、昔サブドメインで作ってしまったために仕方なく使っているような・・・ そんな感じのところばかりです。

「サブドメインでサイト複数作るなら、ドメインをもう1つ取得してマルチドメインで作ったほうがよっぽど良い」 というのが意見です。

他の運営サイトが知られてしまうかも

サブドメインで運営しているデメリットで他のサイトがわかってしまうと書きましたが、これは調べようと思えば調べることができてしまいます。

例えば「http://movie.aoki.com」であれば「movie」の部分を「www」にすることでメインサイトに到達できてしまいます。

「他のサイトは知られたくないな・・・」という人が大半だと思いますが、そんな場合はサブドメインの利用は向いていないでしょう。

あと、思いのほかサブドメインのサイトが人気になってしまった場合なども 「やっぱり専用のドメインで運営したい」と思うことがあるかもしれません。

新しい独自ドメインを取得して移行することは可能ですが、URLが変わるとSEOの効果が一旦0になります。 また新たにSEOをしなくてはいけないので、非常に労力がかかり大変です。

そういったことが予想できる場合は、最初から専用ドメインを取得したほうがいいでしょう。

まとめ。今はサブドメインより「独自ドメイン+マルチドメイン」

サブドメインを利用したいと思う方は、複数のホームページを作りたい方、もしくは無料ホームページを作りたい人が多いのではないかと思います。

無料ホームページの場合、どうしてもサブドメインがついてきてしまいますので仕方がないですが、 「新しいホームページを作りたい」ということであれば、費用はかかりますが新しいドメインを取得して マルチドメインで作ったほうが良いのではないかと思います。

私もいくつものホームページを作っていますが、マルチドメインの機能を使っています。